つれづれ日記

♪日々の出来事を思いついたまま綴る日記♪

4/20(入院3日目)手術翌日
2016年05月05日 (木)
手術翌日
朝、血液検査のための採血をして
体を拭いてもらってから着替え。
その後、本日の点滴開始。

(病室の準備ができたら術後管理室から一般病室へ移動。)

今日のお昼からご飯を食べれるから
それまでに起きる練習までするそうな…
しかし、なかなか移動できない。
看護師さんも来ない。
足のポンプもなくなり
夜、寝れなかった分、うつらうつらしていると
1本目の点滴がいつの間にか終わってて
2本目の点滴開始。

その時の言葉がまた『!!!』

「終わりそうになったらコール押して教えてくださいね」って…
確かに1本目の点滴終わってましたけど…

一般的には普通なのかもしれないけど
点滴はなくなる頃、様子を見に来て交換すものだと思っている私は
頭の中で
「え〜それはないでしょ、寝てたら気づかないよ。
しかも、点滴が終わるまで来ないつもり?部屋の移動もするんでしょ?」って思った。

ようやく11時頃、部屋の移動。
しかし、ベットごとの移動で酔った私は
しばらくダウン

ダウンしていると、またまた点滴がいつの間にか終わってて
「液がこの辺になったら教えてくださいね」と
しかも、「ここじゃダメなんで、この辺で」って位置まで指定

起きる練習ができずで、昼食。
ベットを70度くらいまで起こしてもらって
ベットに体預けての昼食。
桃の缶詰とお味噌汁の汁をすすって終了。

昼食後随分経っての血圧測定と検温。
そして、そのまま起きる練習。

しかし、普段でも立ちくらみをよくする私。
まぁ案の定、起き上がるだけで血の気が引く
手のひらも、顔も冷や汗。

すぐに横に戻され
少し休憩して、また後でしましょうって。


今回の点滴はなかなか終わらず
って言うか全然液が落ちてない
手をグッパグッパしたり
腕を上げたり下げたり、色々やってみたら、
腕をしたに下げ、グッパグッパしてると
液が落ちるけど、何もしてなかったら止まってることに気づいて
でも、ずっとそうしているのはしんどいので
ダメだってわかってはいるけど、自分ではやめてみた。
(だって、かれこれ2時間以上経つのに半分も終わってないんだもの。)

夕方4時過ぎようやく、起きる練習再開。
昼食後からずっと背もたれを上げて
頭を上げているせいか、なんとか起きれたけど
立ち上がると、立ちくらみ。

今日はここまでですねって…
練習終了。
夕食は起きて食べれますねって

(3本目の点滴はかれこれ5時間近く、まだ終わらず)
「歩く練習は明日にしましょう
点滴あと少しなので、ここになったら教えてくださいね」って
看護師さんは戻って行った。

お腹が痛いわけではなく
血圧の問題でなかなか起きれない(>_<)

でも、夕飯を少し食べると
随分頭も冴えて来て、立てそうな気がしてきた。
看護師さんと一緒じゃないとダメらしいけど
夕飯後は一人で練習。

夜8時、導尿しているはずなのに
尿意MAX。
そう、2時間くらい体を動かしつつ我慢してるのだけど
トイレ行きたくて仕方ない。

我慢ができずにナースコール

まさか、トイレに行きたいって通ると思わなかったけど
歩けますねって、1周しないと導尿抜けないのでって説明され
急いで病棟1周歩いて
(歩いたら尿が管を通って、尿おさまったのだけど)
導尿の管を抜いてくれた。

導尿しているから尿意はあるわけないとはねられる
と思って居ただけに、スパルタだったけど、びっくりな対応。
この時ばかりは感謝感謝。

20160505101150470.jpg
本日の食事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック