つれづれ日記

♪日々の出来事を思いついたまま綴る日記♪

市民病院初診
2016年03月22日 (火)
紹介状を持って受診。

内診を終えると
先生は
詳しく検査しましょうと…

今日、CTと血液検査、腫瘍マーカーもします。
一番近い空きのある日にMRIを予約して…

穏やかな口調で…

病名は卵巣腫瘍です。
手術になりますので
旦那さん・ご家族(ご両親とか)と一緒に
検査結果を聞きに来てくださいと。

卵巣のう腫だた思っていた私は
腫瘍?腫瘍腫瘍?腫瘍?!!!
卵巣のう腫と卵巣腫瘍は違うんですか?の質問が精一杯。

説明を聞いたけど
結局よくわからなかった。

そこから検査結果を聞くまでのドキドキの一週間が始まります。
スポンサーサイト



卵巣腫瘍
2016年03月22日 (火)
色々な方のブログを読ませてもらって
なんとなく頭の整理もできてきて
少し気持ちも落ち着いてきたので
私もカテゴリを作ってみました^ ^

卵巣腫瘍と言う病名を聞いてはや一ヶ月。
卵巣腫瘍のほとんどは良性のようだけど…
腫瘍と聞いてやはり心は穏やかではいられない。


健康診断で指摘された「卵巣のう腫」
再検査で受診した近所の産婦人科
診察するやいなや…
開口一番とでも言えば良いのか…
「ちょっと大きいなぁ、これは大きな病院行ってきて」
「CTやMRIや…うぅ〜ん…詳しい検査してもらって……」
「市民病院か日赤か県病院か大学病院か…」

卵巣のう腫だと思っている私は
のう腫大きいのか〜くらいしか思ってなくて…
紹介状を持って家に帰ると

紹介された市民病院の先生は
婦人科腫瘍や婦人科がんを専門にしている先生。

専門を見て、目が点…
んんん?腫瘍?がん?
ハテナがいっぱいでの受診でした。